鶴岡市の40代の会社員です。会社は男社会で9割方男性という状態。新卒での採用でも女性は入社せず、会社内にいる女性と言えば会社の掃除に訪れる50代のおばちゃんくらい。そんな会社ですが、20代の頃は特に会社の中で出会いを求めるなんていうことは思っていなかったので別に苦になることもありませんでした。

そのころは、独身の友達も大勢いましたし、同僚のほとんどが独身っていうことで、毎週週末には合コンの誘いがあったり、学生時代の友達の紹介があったりして、出会いっていうのも人並みにあったように思われます。交際していた彼女も何人かいましたので、自分自身寂しいと思うことも、将来的な不安を感じることも全くありませんでした。

30代半ばで訪れた異変

20代の頃は気楽な毎日を過ごしてきたのですが、それは30代前半まで、30代半ばになると完全に私の出会いの様子というものは変わってきました。

まず、いままでほとんどが単身だった同僚が次から次へと結婚してしまうという、結婚ラッシュを体験し、いつの間にか同僚で独身なのは私だけとなってしまいました。学生時代の仲間に関しても同様で、ほとんどが妻帯者。そして子供を持ちファミリーを形成していく中で私だけ取り残されていくちょっと寂しい気持ちを感じ始めました。当然、今までのように合コンなどはありません。

最初に話したように会社内での出会いは皆無なので、必然的に私は出会いがない言わば出会い難民の一人となってしまったのです。

しかし、まだ30代。昔ならまだしも、現在なら結婚適齢期の中にあります。そこまで焦ることもなく、いつかは自然に彼女ができるんだろうと気楽に考えていました。同僚は結婚してしまいましたが、学生時代の親友のひとりがまだ独身だったので、合コンまではできませんでしたが、遊びで地域の街コンなどに参加してみたのもこの頃でした。残念ながら彼女を獲得するといった成果はありませんでしたが、それでも女性と話したり、一緒にお酒を飲んだりすることはできたのでそれなりに楽しい時間を過ごすことができました。

ついに独身は私一人に

そして、私が決定的にヤバイと感じた瞬間が訪れました。今まで一緒に街コンとかに行っていた最後の独身の親友が30代後半で結婚してしまったのです。これは私が初めて感じる衝撃でした。
ついに自分だけ独身になってしまった・・・この時の寂しさと言ったらもうかなりのもので、親友から結婚の事実を聞かされた時には数日落ち込んでしまうほどでした。

そして訪れた焦り・・自分はこれからずっと一人で生きていくのか?それともどこかのタイミングで彼女が現れるのか?しかしリアルでこれだけ出会いが無ければ彼女なんてできるわけがありません。ポッと生まれるものじゃないですからね。

一人で街コンに参加することもできるのですが、それも気が引けてしまいます。さらに大変だったのは若い頃に比べて仕事の量が増えて自由な時間というものも作れなくなりました。これは痛かったです。

自分の中では、サークルや趣味の輪の中で自然に結婚相手を見つけることが理想だったのにそれもままならない状態になってしまった。そんな時にネットでみつけたのがペアーズでした。最初は出会い系サイト?なんて思っていたのですが、口コミを見たり詳細を見ると匿名での登録はできずに、Facebookからの登録。それも単身者以外は登録できないってこと。これは他の出会い系のようなサイトとは違うと思い試しに登録してみました。

最初に検索すると、やはり40代の女性っていうのが多いのですが、かなり自分よりも年下の女性も登録しています。20も年下になるとどんな話をしていいかわからないので、最初は30代後半の自分に年齢が近い女性とメール交換したり、会ったりしていたのですが、何故か20代の女性からもメールが来るようになって、試しに会ってみました。

ここまで年が離れている女の子と過ごす時間は初めてだったのですが、意外といけるものなんですね。やはり20代で40代の男性を希望する女性っていうのは年上の男性好きが多くて、リードしてあげる必要はありますが、話が合わなくて時間が経つのが遅いなんてことはありませんでした。

それからペアーズでは、20代の女性を狙うようにしてメール交換を始めました。一時期はかなりの女性からのメールが来て、週末のデートの予定がダブルブッキングするくらい大変でしたが、慣れてくるとローテーションを組めるようになり、うまくデートの予定もまわすことができました。

ペアーズに入ってから10人程度の女性と会いましたが、最初の一人を除いては全員20代。そして入会から半年後に彼女ができました。

自分は結婚を前提に付き合いたいという意思があったので、彼女もその意思を尊重してくれて、付き合ってから半年で結婚することになりました。41歳の時です。早くに結婚した友達からは若い奥さんをもらってすごくうらやましがられます。まさに残り物には福があるっていうのはこんなことなんでしょうね

ペアーズの公式サイトはこちら

pairs