先日、札幌で開催された婚活パーティーに参加してきました。主催はホワイトキーさんで、札幌コンファレンスホール富樫ビル6階に行ってきました。今回の婚活パーティーのテーマは、「恋するBoys&Girls Collection」ディナー&スイーツ付〜EX男性と恋に落ちる!人と差をつける理想の出逢い〜というものでした。

私は、今年30歳になる会社員で、スポーツ体型です。今回のテーマは、女性の年齢が23~36歳という若い女性が参加するパーティーだったので、私が希望している条件だったので、参加を決めました。やはり正直な所、若い女性は女性は魅力的で、自分より年上の女性はちょっとNGです。

パーティーは金曜日の19:30~21:30に行われました。私は、パーティー開始の30分くらい前から近くのジュンク堂という本屋で待機しており(普通に読書してました)、5分前にパーティー会場に到着するように行きました。

パーティー会場に到着すると、男性のスタッフさんがテーブルで会計をしていました。私はコートを預けて、お金を支払って、受付をしました。受付を終えた後は、番号を渡されるので、渡された番号の書いてある椅子に座ります。椅子に荷物を置くと、私は一度会場を出て、トイレに行きました。丁度トイレから戻ってきたら、パーティー開始の時間になっていたので、プロフィールシートに自分のプロフィールを書いて、始まるのを待っていました。

ホワイトキーのスタッフさんが挨拶し、いよいよ始まりです。今回は集まった人数は男性23人女性20人でした。

1人3分位話していくのですが、もう本当に簡単な自己紹介で終わります。

仕事は何されてるんですか?
休日は土日ですか?シフトですか?
休みの日は何されてますか?
好きな食べ物は何ですか?

 

などなどお決まりな質問だけで終わってしまい、相手のことをほとんど判断できないですね。そうなってくると判断基準は、顔とか声のトーンとかフィーリングになってきます。

相手の内面を見るとか無理ですね。外見で判断するしかありません。男性も女性も同じ感覚なのではないでしょうか。

さすがに20人を超える人数になると、何人か好みの女性が出てきます。特に今回は年齢も若めでほとんどの人が25~28だった気がします。

30代の女性はまれで、3人位しかいませんでした。一番若い子が21歳でしたね。21歳で出会いない方が疑わしいですが、この際、若けりゃなんでもいいでしょう。

そして、一通り女性と話終わったところで、第一印象カードをスタッフに提出します。

ホワイトキーの場合は、5~6人書けるので、全て埋めて提出するのは、私の基本です。ただし、本当に興味のない人ばかりだったら、2~3人とかにしてしまうこともありますが、ほぼ全部埋めます。

女性は。本当に好みのタイプの人しか番号書かない傾向にありますね。

そして、男女ともに第一印象カードをスタッフに渡し終えたところで、休憩に入ります。

休憩中はトイレに行く女性もいれば、目の前の女性と話している男性もいます。

そして、時間は過ぎ、マッチングデータをスタッフの人からもらいます。マッチングデータには、自分のことを気に入ってくれた人は番号で教えてくれます。

また自分が人気ランキング上位であれば、ランキングも教えてくれます。

今回の私はというと・・・

気に入ってくれた人は0人でした。

オーマイガッド。

そして、フリータイムが始まります。

まさに地獄です。もちろん、逆転の可能性はあるのですが、何十回も婚活パーティーに行っていて、ここから逆転してマッチングした試しはほぼありません。

負け戦確定なのです。

ホワイトキーの場合、消化試合が決まったとしても、食事が置いてあるので、食べることに逃げることが出来ます。

これが唯一の救いでしょうか。

今回は、ご飯を食べながら、暇そうでワンチャンありそうな女性に声を掛けるという何とも無駄な時間を過ごしてしまいました。

フリータイムはあっという間に過ぎ、本日の婚活パーティーは終了!

フリータイム後は、スタッフから告白カードを渡されて、最終的に自分の好みだった異性を3位まで記入します。

早速、告白カードを書いて、スタッフに提出します。

そして、数分後、いよいよカップルの集計が出ます。

自分がカップルになったかどうかは、会場を出た後にスタッフからカードをもらいますので、その時にカップルになっていたら、カップル成立の紙が入っています。

今回、私は女性からの好印象を1つもらわなかったので、カップルになることは全く期待していません。

しかし、ワンチャンスあるかもしれないこのドキドキ。

最後の逆転に胸を膨らませてしまうのがカップル発表なのです。

なんか、宝くじが当たることを祈る感じに似てますね。

カップルになっているかどうかチェックする瞬間は毎回楽しいんですよね。まだ婚活パーティーに行ったことがない人は、ぜひ行ってみてください。

この瞬間だけは何とも癖になります。

例え、自分のものすごい好みというわけではない異性であっても、カップルになれたことは、非常に嬉しくなるものなのです。

こればっかりは体験しないと分からないかもしれません。

そして、婚活パーティーが終わったので、みんな会場を出て、スタッフからカードを貰います。

私もカードを貰ったので、開けてみると・・・

カップル成立しませんでした~~~

うぎゃあああ~~~

私は叫びながら(叫んではいません(笑))、エレベーターに乗り、即効で帰りました。

カップルにならなかった時の時間の無駄感は半端ありません。

これが婚活パーティーの悪いところですね。

2時間過ごした挙句、お金を取られ、一人寂しく帰るという苦行です。

今回は、予想通り、悲惨な結果になってしまいました。びっくりするくらいモテなかったですね。

また次回の婚活パーティーに向けて頑張りたいと思います。

自分磨きもしないといけませんね。まだまだ婚活は成功しそうにありません。

今回利用した婚活パーティーのホワイトキーはこちら