私は現在34歳、大阪府在住で2歳の女の子を育児中のママです。私は、独身時代全くモテたわけでもなく、片想いばかりしていたような女です。

そして、今は体型は普通ですが、大学生の頃は160㎝の身長に対して60㎏オーバーで見た目も太っていました。旦那にこの頃の写真を見せたところ、この時期に出会っていたら絶対付き合っていないとまで言われました。

そんな私が過去の恋愛経験の中で好きな男性にしていた行動や態度は、

「友達のフリをして色々聞きだす」

「相手の趣味に興味をもったフリをして休日に会う約束をしたり、2人で会う時間を作った」

「お酒好きをアピールし食事に行く機会をつくる」

「一人暮らしの自宅に招く」(その際に複数の友人を招待することもアリ)

「普段はサバサバした態度なのにメールは少し女らしくする」

「気のないフリをする」

などでした。

大阪 育児ママ 独身 好きな男性 態度 行動

「友達のフリをして色々聞きだす」

私は、自分でも思う性格は話しやすい性格だということです。顔も特別キレイとかで無い分、友達になりやすいスレスレラインなのですが、どんな人とも仲良くなれるタイプでした。

なので、気になる人にも好意ある感じでは無く、他の男性にも聞いていることを一緒に聞く感じで、もっと聞きたいフリをして色々聞きだしていました。

例えば、趣味や休日の過ごし方や、好みのタイプや今までの恋愛経験や好きな料理や将来の夢などをよく聞きました。そこから見えてくる内容で、もっと話ししたいなと思えるように話し方にも工夫をしていました。

大阪 育児ママ 独身 好きな男性 態度 行動

「相手の趣味に興味をもったフリをして休日に会う約束をしたり、2人で会う時間を作った」

例えば、その男性がゴルフにハマっている時は、「ゴルフをしたことがないのでやってみたい。」と切りだしたり、どこどこのお店が美味しかったと聞けば「行ってみたい。」と言ったり、ドライブが趣味なら「行ってみたいところがあるから連れて行って欲しい。」とお願いしたりしました。

相手の反応や態度を見ればその後の進展もある程度見えてきます。

「お酒好きをアピールし食事に行く機会をつくる」

独身の頃、私は毎日お酒を飲む程お酒が好きでした。休みの日は昔からの友人と飲みに行ったり、休みの前日は時間も気にせず飲んでいました。

それくらいお酒が好きなので、基本的に好きになる男性もお酒好きでした。なので、お酒を飲みに行こうと誘うこともあれば、誘ってもらえるように会話を仕向けたりしていました。そして、一緒にお酒を飲むことで、相手の本心や性格なども見えてくるのでお酒には色々とお世話になりました。反対に自分も素直になれることも多かったので、お酒の力は本当にありがたいと思います。

大阪 育児ママ 独身 好きな男性 態度 行動

「一人暮らしの自宅に招く」

私は、社会人になると同時に一人暮らしを始めました。仕事がら時間が不規則ということが一番の理由とは言え、色々と自由になるからでもありました。やはり、好きな友人や男性との時間を過ごしやすかったです。

特に気になる男性がいると、一緒に遊んでも自分の自宅に招くことで距離も近づきます。まだ知り合って間も無い方やそういったことが苦手な男性には、複数でパーティーをするという口実で招くこともありました。

自宅に来た際には食事をすることが多いので、自分の手料理のアピールができることもチャンスだと考えていました。

「普段はサバサバした態度なのにメールは少し女らしくする」

普段、話しやすく友達のようなノリの私ですが、メールでの作戦は少し甘えたり、男性を頼りにするような文面にすることがありました。普段は見せない部分を見せることで、女の部分を見せる術でした。いつも「どうしたの?」と聞かれることが多かったですが、いつも「○○君には話しやすくて。ごめんね。」といった感じで、連絡を取り合っていました。それなのに、また会った際は普段の私であることで、男性の方は気になってくれることもありました。

「気のないフリをする」

わざとしていると言うよりも、自分がそうしてしまっていると言う方が正解なのですが、気になる男性には自分から話しかけなかったり、目が合っても笑顔に出来なかったりでした。それでも、相手が話してくれると内心嬉しくてドキドキなのですが、そんな態度や表情も見せず平穏を装っていたように思います。

それなのに、お酒を飲んだ時や2人になったシチュエーションなどで沢山話すことで「何考えているのか分からない。」などと言われたこともあります。

大阪 育児ママ 独身 好きな男性 態度 行動

最後に

正直、これらを実践してきたからとは言え、全てが上手くいったわけでもありませんでしたし、ほとんどが惨敗でした。モテたわけでもなければ、好きな人と両想いになれたことも多くはありません。

それでも今、自分に合った男性と出会えて結婚し出産もできたことは、これらの内容も全く無駄ではなかったのかなと思います。反対に言えば、何かに引っ掛かった旦那も旦那だなと思ったりもしますが。どれが良いとかお勧めとかはありませんが、好きな気持ちを大切に一生懸命に思うことが大事なのではないかと思います。