好きな男性を何とか自分のものにしたい。そのためには、上手に口説きたいと思っている女性の方は沢山いると思います。

そこで今回は、片思いの男性を口説き落としやすいテクニックについて紹介していきます。

意外と簡単にできるものが多いので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

男性に好意を伝えましょう

女性は男性側からのアプローチを待ってしまいがちですが、成功率を上げるためには、男性に好意を伝えるようにしましょう。

自分に好意を伝えてくれる方というのは、男性側も嬉しいものです。それをきっかけに相手の事が気になり初めて、好きになってしまうというケースも意外と多いのです。

従って、恥ずかしいから、控えめになるのではなく、素直に自分の気持ちを伝えていきましょう。

男性と話す時は、いつもよりテンションを2つほど上げて、話すようにしましょう。出来るだけ嬉しそうに楽しく話をするのがコツです。

正直、女性受けは悪いかもしれませんが、男性にはオーバーリアクションをした方が、喜ばれます。

オーバー過ぎて、絶対嘘でしょ!?と思われるかもしれませんが、それ位でも男性は喜びます。絶対に自分に振り向かせたい時に使いましょう。

目を合わせる

好みの男性にはなるべく目を合わせて、微笑んで下さい。一緒に食事をしたら料理を取り分ける、こぼしていたら何気なく拭いてあげるなど、彼に気を使っている所をみせましょう。

彼だけにするのは、周りの友達から見れば露骨に見えてしまいますので、他の人よりも少し気を使う程度がいいでしょう。いつもそうしていると、だんだん好意に気づいてくるでしょう。

好きなタイプの女性を聞く

男性との会話の中で、なるべく早いタイミングで「好きなタイプはどんな女性ですか?」と聞いてみるのが良いです。ちなみに女性から好きなタイプを聞かれた場合は、少なからず、その男性のことが気になっていることが多いです。

もし、男性が好きなタイプを答えてくれたら、女性は「〇〇な子がタイプなんですね。私もそういう女性になれるよう頑張りますね。」と軽く答えておきましょう。ここでは、すごく真剣な感じで言ってはいけません。あくまで、軽く、さらっと答えておくのがポイントです。

もう少し、攻めたい人は、「そうなれたら、私のこと見てくれる?」と聞いてみるのもいいでしょう。これは相手が自分のことに興味ありそうな場合にのみ使ってください。

とにかく褒める

「やっぱり男の人はすごいですね。」「〇〇さんは、凄いですね」と褒めてみましょう。ここでは、具体的に褒めてあげても良いし、抽象的に褒めてあげても大丈夫です。抽象的に褒められえ、男性は嬉しいの?と思うかもしれませんが、それでも男性は男として褒められている感じがするので、嬉しいものなんです。

男性は、褒められている内容については、あまり気にしていないことも多くあります。何について、褒められているかはよくわからないけれど、そんなに褒めてくれるということは、自分に少し興味を持ってくれているんだろうなと推測してしまいがちな生き物なので、結果として、喜ぶからです。もちろん、具体的に褒めてあげた方が効果は高いですが、特に思いつかない場合でも、誰にでも当てはまるような抽象的な褒め方をしても大丈夫です。

褒め方については、細かいところですが、何かを重いものを持ってもらった時に、「やっぱり男の人は力があるね。ありがとう」と言うようにしましょう。ただ単に「ありがとう」と言ってはいけません。男性らしさを訴えかけることで、男性の自尊心を高めてあげることが重要です。その方が男性はより喜びます。

男性を口説く時は、男性を良い気持ちにさせてから口説くのが効果的です。上記のような褒め方をしつつ、「こんなに頼りになる人が彼氏だったらな・・・。」と独り言のようにつぶやいてください。

男性は、「え?」と驚くでしょう。そこで、すかさず、「私の彼氏になって欲しいな」と言ってください。ポイントは、男性を十分に褒めてからいうことです。そうすることによって、男性側も気分が良くなり、自分に自信を持つことができます。その状態で告白することで成功率はかなり高まります。

「私じゃ嫌かな?」と聞く

恋愛話をしている時に、特に使える言葉です。ポイントは、「私じゃ駄目かな?」と聞くのではなく、「私じゃ嫌かな?」と聞くことです。「駄目」の場合の方が重い表現になるため、男性としては、プレッシャーになってしまいがちです。

下手に「好きです。付き合ってください」と告白するよりも、よっぽど効果的です。」私はいつでもあなたの味方だからねというニュアンスを伝えた方が、男性は心が揺れます。

ストレートに「好き」と伝えるよりも、話の流れに合わせて、告白を匂わす言葉の方が成功します。はっきり言われると、男性側は答えを出さないといけない気持ちになり、襲われているような感覚に陥ります。なるべく気楽な感じで、相手の様子を探りながら、相手に答えを言わせやすくすることが重要です。

しかし、男性に答えを誤魔化されたり、話をそらされた場合は、それ以上、深くその話をするのは、避けましょう。良いことはほぼありません。ここは焦らずに次のチャンスを待つのが得策です。

無理に答えを求めたりすると、せっかく男性側があなたのことを言いなと思い始めたとして、すべて水の泡になってしまいます。それは、あなたのことを面倒くさい女だと感じしてまうからです。

「え?告白して、返事をもらおうとしただけなのに、面倒くさい女だと思われる?ありえな〜い」と思うかもしれませんが、意外に男性は先のことを想像します。この子と付き合って、もし喧嘩することになったら、今回のようにすごく突き詰めてきて、めちゃくちゃ面倒なことになりそうだなと感じてしまうわけです。

なので、しつこく言うのではなく、さらっと伝えたら、あとは相手の気持ちを待ちましょう。男性は、あなたの気持ちに気付きますし、そこからあなたの事が気になり始め、好きになる可能性も高くなります。

上手に口説けない人はどうした良いのか

男性を口説くには、タイミングと雰囲気が重要です。突然、正直に告白しても断られるのが、関の山ですので、様子を見ながら相手を上手く褒めてください。少しずつ話を進めていくことが大切です。好きなタイプの話、恋愛の話、デートの話をしながら、相手に興味があるぞという雰囲気を出していきましょう。

そして、2人で会う事を最初の目標にしましょう。友達どうしなど大勢いる場所では、真剣さが伝わりません。いきなり真剣さを出してしまうと失敗してしまいますが、徐必ず、2人で会うようにしなければいけません。

仮に男性を口説て反応が良くなかったとして、あなたの気持ちに気付きますし、あなたを意識するようになるはずです。焦らず、じっくり攻めていくことが上手に口説き落とすためのコツです。

最後に

女性から男性を口説くには、本当に勇気がいることです。しかし、よーく考えてください。上手に口説くためのコツは、いきなりガツガツ口説くのではなく、相手を少しずつ褒めていき、それとなく相手に自分の好意を気づいてもらうように仕向けていくことです。これはあなたにとって、リスクが低い行動だと思いませんか?思い切って告白する必要もなければ、堂々と口説く必要はないのです。

相手は、あなたの好きな気持ちに気付いてくれますし、女性に好かれて嫌に思う男性はいません。ぜひ、勇気を出して、好きな男性をゲットしてください。