先日、札幌駅で開催されたシャンクレールの婚活パーティーに参加した時のことを話します。

シャンクレールの婚活パーティーは、2回目だったのですが、シャンクレールの婚活パーティーには、様々な条件で行われたりしています。今回、私が参加したパーティーは年齢幅が25歳から33歳の女性がいるというパーティーを選んで行ってきました。前日にネット上で、参加申し込みをして、当日を待ちました。

パーティー当日、札駅に着いた私は、地下のエスタを通ってアスティ45ビルに向かいました。特に冬場の寒い時期なので、外に出ることなく駅から直接会場に行けることは凄い助かります。特に私の場合、極度の寒がりで雪が嫌いなので、本当にあらがたいですね。笑

今回のシャンクレールのパーティーは、ネットで事前に予約すると500円オフで参加が可能になるのですが、会場で受付すると500円オフにならず通常料金をとられました。涙

その原因は、500円オフの番号を受付の時に書かないといけないらしいのですが、その番号を控えていなかったため、割引の適用にならなかったのです。シャンクレールの場合は割引に対して結構、厳しくて、お金にせこいところもあります。

例えば、パーティーには筆記具が必要なのですが、ボールペンを忘れた場合は100円を払ってボールペンを買わないといけません。パーティー代の中に含めれば良いのに、別料金なんですよね。

しかもボールペンにはシャンクレールの文字が入っているので、なかなか外で使いづらいんですよ。だって、婚活とか恋活とかボールペンに書かれてたら、恥ずかしいじゃないですか。

シャンクレールのパーティーに何度か参加したことがある人は、ボールペンを少し見るだけで、あ〜あの人は婚活して必死なのねっていうのが分かってしまいます。もう少し、デザインを格好良くして作ってもらえれば汎用性があるので、外で利用しやすくなるんですがね・・・

まあ、ボールペンについては婚活パーティーの本来の目的ではないので、良しとしましょう。本来の婚活パーティーの目的は自分の好みの人と出会って仲良くなるためなのですから。

早速会計を済ませた私はコートを受付の人に預けて、プロフィールカードをもらったので、書いていきます。プロフィールカードは嘘を書くことはないですし、自慢のために誇張して書いたりもしません。別に誇張して書いてもいいのですが、それをしたからといっても、すごくモテるようになるわけでもなく、仮に異性と仲良くなったとしても後々バレると面倒なことになるので書く必要もないと思っています。なので、自分のプロフィールを正直に書いていきます。

今回、シャンクレールに来ていた人数は男性が14人に対して、女性が12人と割と男女構成は良い状態となっていました。運営者の人に席を案内され、ここの席に座ってくださいと言われて、待っていました。すると、あとから来た女性がここの席良いですかと聞いてきて私の隣に座りました。

それから2〜3分が経過して、運営者の人がマイクを持って簡単な挨拶とパーティーを開始することを話しました。それでは隣の人に声をかけてください。スタートです。と言われて、私は隣の人と話を始めました。最初に話した女性は、28歳で事務をしている人でした。正直何を話したかほとんど覚えていませんが、相手の趣味と休日は何をしているかを話した気がします。あとは、相手方からの質問に答えていきました。

あっという間に時間が過ぎ、男性は次の席へ移動してくださいと言われました。体感としては、2〜3分しか話していない感覚でしたね、そして、12人の異性の人と話をしていきました。

その中で、一番私の好みだったのが、最後にお話しした美爆乳やまとなでしこでした。スタイルがすごく良くて、ぱっと見、明らかに巨乳なんです。服がパツンパツンになっている状態で、胸がかわいそうなくらい巨乳だったんです。

もちろん、顔も綺麗な方で、話し方も品があるというか、おとなしそうというか、THEやまとなでしこと言う感じの人でした。

シャンクレールの個室パーティーの場合、2週目やフリータイムというのはないんですよ。なので、女性とは1回話しただけです。でも、最後に隣になった異性とは、告白やマッチングの発表まで、隣にいることになるので、ずっといるんです。

だから、最後に隣だった女性とは必然的に長く話すことになります。シャンクレールの個室パーテイーの場合、正直攻略法は最後の席に尽きるといっても過言ではないでしょう。今回はたまたま、私の最後が美爆乳やまとなでしこだったんです。本当、ラッキーでした。

私は積極的にお誘いをしたんですよね。もし良かったら、この後、一緒に食事に行きませんかと・・・そしたら、なでしこは良いですよと答えてくれて、連絡先も交換することになったんです。

メッセージカードや告白カードはお互いに提出していないので、特にマッチングするわけでもなかったのですが、パーティー後に食事に行く約束を取り付けていたので、何も気にすることなく、パーティーを終えました。実際に、彼女は他の男性から何枚かメッセージカードをもらっているようで、今回のパーティーではモテている一人でした。

ところが事件は起きました。

パーティー終了後、出口で待っていますねと約束を交わして待っていたら・・・爆乳なでしこが、旧友にあって、食事会をキャンセルしたいと言ってきたのです。

どういうことかと言うと、婚活パーティーにはやまとなでしこは一人で来ていたのですが、パーティー終了後に出口に向かってくる際に、久しぶりの友人にばったり出くわしたのです。

お互いに婚活パーティーに参加していることは知らなかったため、ビックリしたらしく、久しぶりにご飯食べに行こうよという話になったみたいです。ようは僕はないがしろにされたわけですね笑

そして、美爆乳の彼女から、必ず連絡しますので、食事はまた今度にしましょうと言われました。本当は、その友達のご飯が終わってから、カフェでも行ってお話ししませんかという代替案をもらったのですが、早く帰らないといけない予定もあった僕はそれを断っているわけですけど汗

パーティー後はお互いに解散となりました。爆乳彼女の方から必ず連絡しますのでと言う言葉をもらってお別れすることになりました。

 

そして、彼女からの連絡が

・・・

来ませんでした。

 

うぉ〜い!どういうこっちゃ〜!!美爆乳に騙されました。連絡するする詐欺ですよ涙

儚くもこうして、美爆乳やまとなでしことの出会いは終わったのであります。